30代におすすめの化粧品┃エイジングケアで美肌保持する

レディー

特化したアプローチ

目を閉じる女の人

ニキビケアの定番となっているのがリプロスキンシリーズの化粧水です。その化粧水と合わせて使用することで最大限の効果をもたらしてくれるのがジェルクリーム、4種類の幹細胞エキスと5種類の美容成分が肌の健康をサポートしてくれます。

» 詳しく読む

肌の変化を感じたら

女性

エイジングサインの現れ

お肌の曲がり角といえば20代半ばとされてきましたが、栄養状態やスキンケアの向上により、今では多くの女性が30代になってからそれを感じ始めると言われています。実際のところ、肌の美しさを保つ女性ホルモンの分泌量は20代がピークで、それ以降は少しずつ減少していきます。つまり、30代はそろそろエイジングサインが現れてくる頃なのです。たとえば、これまで使用してきた基礎化粧品に物足りなさを感じてきたり、シミやソバカス、毛穴の開きやたるみ等が目につき出します。ただまだ30代、エイジングサインが現れてもこれまでのスキンケアの見直しを行うことで、まだまだ美しい肌を保つことは充分可能です。自分の肌に必要なものは何かを見極めて、それを補えるエイジングケア用化粧品を使用することが、肌の衰えをくい止め年齢肌を感じさせない美肌保持のためにもおすすめなのです。

悩みの改善には

20代の肌に比べて30代に足りないとされるのが、肌の水分量です。女性ホルモンが減少すると肌の水分保持成分の量も減少してしまうため、どうしても乾燥しやすくなるのです。また、乾燥することで肌のバリア機能が低下するため、シミやシワ、たるみといった肌のトラブルも起こりやすくなります。こうしたことを防ぐために、基礎化粧品を選ぶ際にはまずは保湿を重視したものがおすすめです。保湿成分はいくつかありますが、中でもおすすめはセラミドやヒアルロン酸があげられます。特にセラミドは肌内部まで潤す力があるとされることから、30代のスキンケアには最もおすすめとされているのです。また、30代になると増えだすのが敏感肌です。これは、先にあげた乾燥が原因となって肌のバリア機能が低下したことにより、刺激物に肌が反応して起こります。保湿が必要ですが、香料やアルコールといった刺激物は控えたいことから、こうした刺激物を除いた敏感肌用の基礎化粧品を利用することをおすすめします。

検査でわかるベスト化粧品

スキンケア用品

人それぞれで異なってくる肌質、つまりそれぞれで美容効果を最大限発揮できる化粧水は異なってくることになります。自分により合った化粧水を探すとなると何かと難しい面も出てきますが、遺伝子検査を用いる方法であればいち早く目的の商品を見つけ、肌トラブルを改善していくことが可能です。

» 詳しく読む

必須知識を身に付ける

まつげ

まつげとエクステを接着させるためにはグルーが必須です。グルーの種類によっては接着力が変わります。グルーの量が多すぎても少なすぎてもいけないので、目安としてはまつげの5分の4程度がエクステと接着するようにしましょう。

» 詳しく読む